キトサンの効果・効能

キトサンの効果・効能は?

最近注目される健康食品があります。

 

甲殻類の殻などに含まれる食物繊維のキトサンです。

 

 

なぜキトサンなのかというと

 

  • ダイエット効果

 

  • 腸内環境を整える

 

  • 免疫力の向上

 

  • 血圧の改善

 

  • コレステロールの改善

 

  • 便秘改善

 

このようなことが期待できるとして人気があります。

 

 

今回はこれら以外でストレスなどが引き金となる心の不調にはどうなのかまとめてみました。

 

 

ストレスが長く続くなどの状態になると自律神経が乱れていき、その結果うつ病につながることがわかっています。

 

また、パニック障害も脳内の不安に関する神経の機能が異常に大きく関わっていることがわかっています。

 

それぞれ、ストレスや不規則な生活などが長く続くことによって引き起こされとされています。

 

 

このような状態を改善するためには、自律神経を整える生活をするなどをすることによって改善されることが期待できます。

 

そんなうつ病やパニック障害など精神的に不調なときに摂取すると効果があるとされ人気になっているのが「キトサン」という成分です。

 

キトサンは脳内物質であるリラックス作用のあるセロトニンに関係するのではないか、という説明もありますが、セロトニンとは無関係だとされています。

 

では何がうつに対して効果があるかというと、腸内環境を改善する働きがあるからではないかと考えられています。

 

 

うつ病やパニック障害の人は、自律神経が乱れていることでホルモンバランスも乱れがちです。そのため腸の動きも悪くなっており便秘や下痢になっている人は多くいます。

 

セロトニンは、うつなどを改善するのに必要な物質ですが、その多くが脳内ではなく腸内で作られています。つまり、腸内環境が悪ければセロトニンの生産が低下してしまい、様々な不調につながっていきます。

 

キトサンは多糖類の一種で、カニやエビなどに含まれている成分です。

 

この成分は、胃酸で溶けてコレステロールと混ざり、腸でコレステロールとその吸収を助ける胆汁と混ざる働きをします。この成分を分解する酵素は体内にないため、腸内で吸収されずコレステロールとともに便とともに排出されます。

 

 

また、腸内の脂肪に吸着して排出したり、腸内の善玉菌を増やして腸内を活性化する作用もあります。

 

腸内環境が良くなれば、悪玉菌を減らすことができ便秘や下痢などのトラブルも減らせます。

 

その他、腸内ではセロトニンだけではなくやる気ホルモンと呼ばれるドーパミンも作られています。

 

 

ドーパミンはやる気や集中力などの脳の働きにする物質です。

 

腸内環境が悪いと様々な不調の原因となってしまいます。

 

キトサン自体はうつ病やパニッック障害に直接的に効果のある成分とはいえないものです。

 

しかし、摂取することによって腸内環境を良くして自律神経を整え、それによってホルモンバランスも整っていき、結果的に不調を改善することなどにつながっていきます。

 

 

ヌーススピリッツの詳細はこちら